レシピ検索
桜の錦玉羹

桜の錦玉羹の材料

【11cm×14cmの流し缶1個分 / 調理時間:120分】 
<錦玉羹> 
水  180ml 
粉寒天   1g 
砂糖  85g 
 
<羊羹> 
こしあん  250g 
粉寒天  2g 
粉ゼラチン  2.5g 
砂糖   25g 
 

桜の錦玉羹の作り方

  1.       下準備:桜の塩漬けは水洗いし水気をきり、茎の部分を外しておく。 
  2. 1.   錦玉羹を作る。小鍋に水と粉寒天を入れて火にかけ、木ベラで混ぜながら沸騰させる。 
  3. 2.   さらに1〜2分かき混ぜ寒天をしっかり煮溶かしたら砂糖を加え、再び沸騰したら火を止めて流し缶に入れる。 
  4. 3.   桜の塩漬けをきれいに並べ、表面に寒梅粉を振りかけ常温に30分ほどおいて完全に固める。 
  5. 4.   流し缶をひっくり返し、コンコンと軽くたたきつけて余分な寒梅粉を落とす。 
  6. 5.   羊羹を作る。鍋に水100ml、砂糖、粉寒天を入れて混ぜ、中火にかける。沸騰してきたら、吹きこぼれないように火加減をして、さらに1〜2分ほどかき混ぜながら寒天をしっかり煮溶かす。 
  7. 6.   あんこを加えて全体が合わさるようによく混ぜ、もったりとして木ベラで鍋底をなぞった時に底が見えるようになって来るまで練っていく。 
  8. 7.   鍋の火を弱め、粉ゼラチンを25mlの水で溶いてから、鍋に加える。煮立たせないように注意しながら、2〜3分間練り上げる。 
  9. 8.   4の流し缶に流し込み、冷ます。粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間ほど冷し固める。 
  10. 9.   流し缶から抜いて切り分ける。 
  11.